ロレックス サブマリーナ(Rolex Submariner)

サブマリーナ(Submariner)について

ロレックスのスポーツモデルの象徴的存在であるサブマリーナは、本格的なダイバーズモデルである。1950年代に誕生したロレックス サブマリーナは世界ではじめての回転式ベゼルを搭載し、100mの防水性能を備えた本格的なダイバーズウォッチである。現在のサブマリーナ〜については推進300mまでの防水が保証されており、回転ベゼルは水中での経過時間を計るのに便利です。

オイスター パーペチュアル サブマリーナー

1953年に発表されたダイバーズウォッチの原型サブマリーナーはロレックスと水中世界とのつながりを象徴するモデルである。40mmのオイスターケースには水深300m(1000フィート)まで保証された防水性能と、全てのダイバーにとって不可欠なメモリ入り逆回転防止ベゼルが備えられています。

サブマリーナ(Submariner)の歴史

1953年にオイスターパーペチュアルサブマリーナーが発表される。

1970年代に入り、初めてサブマリーナとして初めてデイト表示を搭載したモデル(Ref.1680)が登場。これがサブマリーナーデイトである。

フリップロックブレスレット

サブマリーナー、シードゥエラーにつけられているのが特別にデザインされているフリップロックブレスレットである。クラスプの中に予備のコマがたたみこまれており、これを伸ばすとダイビングスーツの上から時計をつけることができるような仕様になっています。

error: Content is protected !!